幕末の空気感が残る「函館」


函館は、北海道民からも人気の高い観光地で、ある年の「住みたい街ランキング」で一位にも輝いていたことがあります。

函館の魅力は、枚挙に暇がありません。例えば、気候が穏やかです。夏は涼しく、冬も道央のように寒くなったり雪が積もりすぎたりすることがありません。函館の夏といえば、映画「ときめきに死す」の空気感がよく表しているところでしょう。カラッとしていてすごいすいのが函館の特徴です。

04

また、食べ物の美味しさも大人気です。目玉は、イカを代表としたシーフード。函館朝市には海鮮丼を比較的安く食べられるお店がたくさんあり、満足度最高です。山の幸も豊富で、山菜の天ぷらなんかもかなり美味しく食べられます。

歴史的にも、函館は見るべきところがたくさんあります。それを象徴するのが五稜郭です。五稜郭は、その名のとおり星型の形をした城郭で、その特殊な形ときれいな桜で観光名所となっています。幕末の日本の動乱期には、いろいろな事が繰り広げられたこの五稜郭には、いわゆる「幕末好き」も多く訪れます。坂本竜馬や新撰組が好きな人からすると、かなり価値の高い観光地なのです。桜は本当に圧倒的に綺麗で、最初に植えられたのは1914年。約十年をかけて5000本もの桜が植えられていきました。特にライトアップされた夜桜の美しさは筆舌に尽くしがたく、毎年四月の中旬から終わりごろになると、地元のニュース番組では「函館の桜が今年もきれいです」といった趣旨のレポートが放送されます。